介護業界に多い残業問題を解決する方法

介護業界にはさまざまな問題が多くありますが、中でもサービス残業は厄介なものです。「ちょっと手が足りないから手伝って欲しい」と頼まれて仕事が長引いてしまったり、残業代が発生しなかったりといった悔しさい思いを感じている介護スタッフは少なくありません。仕事そのものは人の役に立ち、やりがいがありますが、そういった細々とした面で嫌気が差してくるといったケースは珍しくありません。

サービス残業が毎回1時間や2時間といった長さになれば問題ですが、5分や10分といったほんの少しの時間であったり、善意の気持ちを前提にされた要求だったりした時は厄介です。同じ職場で働いているからこそ、人間関係を悪くさせたくないと無理をしてしまうことでしょう。そのせいでストレスを抱え込んでは意味がないので、時には断る勇気も必要になります。常に断るのは良くありませんが、バランスを考えて、状況に応じた対応を心がけるべきです。

この見極めは難しいかもしれませんが、自分が納得できれば不満を抱かないため、ストレスを感じずに済みます。要望を断るのが難しい場合は、自分自身の気持ちを切り替えてみるのも一つの手です。「プラスで働いた分だけ経験が積める」「コミュニケーションを高めることができた」など、ポジティブな思考を持つのもおすすめです。世の中では断れないシーンが存在していて、その時に無理を通すと人間関係が悪化してしまいます。その場合は、あえて前向きに受け止めるといった気持ちの切り替えが大事でしょう。こちらの★★残業なんかに負けない!★★というサイトには、残業と向き合うコツが紹介されているので、併せて読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です